株式会社アーキ・クリエイト

不動産の売却について〜売却の相談から媒介契約まで〜

1

売却のご相談

売却物件の査定だけではなく、お客様のご要望をふまえて、専門家の立場から適切な売却方法をアドバイスいたします。できる限りお手元に残る金額が多くなるように、また早期売却につながるように、売り出しのタイミングや商品化方法にいたるまで、総合的にコンサルタントさせていただきます。そのためには売却物件の長所だけでなく、短所や不備なども正確に把握する必要がありますので、売主様のご協力をお願いいたします。

2

大切な不動産の査定

不動産査定には、土地と建物の正確な評価力と正しい市場動向の把握が必要です。

アーキ不動産は、豊富な経験と実績に基づく査定力が違います!
まず、交通・買い物・教育・医療・自然環境などの地域特性を徹底的に調査・分析します。
次に、専門スタッフが不動産の現状を調査し、市場の動向や流通性を分析した上で、本当に売れる正確な価格を査定します。同時に、調査によって不具合などが見つかった場合は、それを解決する手段をご提案。多くの物件の中から買主様に選んでいただける物件となるよう、コンサルティングさせていただきます。

売却のプロが物件を調査し、正確な査定を行います!

①現地の調査・間取りの確認

雨漏り、シロアリの被害、木部の腐食、建物の傾き、境界、越境、接道などを確認

②ライフラインと設備調査

上水道・下水道・ガス・電気・太陽光発電・給湯器・オール電化住宅等の確認

③法務局の調査

所有者、所在地、地目、地積、持分、抵当権等を登記簿謄本で確認

④都市計画の調査

都市計画区域の確認(市街化調整区域内の場合は再建築できない場合があります)

⑤法令上の制限の調査

建築基準法などの制限により、建物に制限を受ける場合があります

⑥金融機関の確認

ローンの残債額や抵当権の抹消手続きの確認

⑦近隣の建築計画

隣地の建築計画や道路計画等を確認

⑧造成宅地・防災区域の調査

防災区域内に該当するか否かを確認

⑨リフォーム履歴の調査

過去のリフォーム等の聴き取り

マンションの場合
使用権に関する権利の調査
管理費・修繕積立金に関する調査
ペット飼育や楽器使用の制限など
土地・戸建ての場合
境界の調査
道路づけの調査
インフラ(上水道・下水道・ガス・電気)の調査
私道負担の調査
このようにプロがしっかり調査し、地域専門ならではの
豊富な実績とデータを基に正確な査定を行います!

シミュレーション

  • 適正価格で売り出すメリット
    • 過去の成約事例、近隣の競合物件と比較されたとしても適正価格の為、早期成約が見込めます。
    • 上記の例のように、最終的には手取り金額が多くなる可能性が高くなります。
  • 適正価格より高く売り出すデメリット
    • 売却が長期化する可能性が高く、その場合、買主に「売れない理由がある物件」と認識されてしまうことが考えられます。そうなってしまうと、適正価格以下に値下げしたとしても売却できない恐れがあります。
    • 売却が長期化すると、住宅ローンの金利・管理費修繕積立金・固定資産税などの維持費の負担が増加します。
3

媒介契約の締結

お客様と仲介業者の間で媒介契約書を取り交わします。これを「媒介契約」といいます。
媒介契約の種類(一般・専任・専属専任)によって活動内容が異なります。

媒介契約の種類と特徴

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への重ねての仲介依頼 × ×
※明示型の場合は、他社へ重ねて依頼した場合は通知義務あり
自ら探索した相手方との直接契約 ×
契約の有効期間 3ヵ月以内 3ヵ月以内 法令上の制限はない
(ただし、行政の指導は3ヵ月以内)
指定流通機構への登録 媒介契約締結の日から5日以内 媒介契約締結の日から7日以内 法令上の義務はない
(任意での登録は可能)
業務処理状況の報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の義務はない
(任意で報告を求めることは可能)

無料査定実施中!!

地域専門だから「地域の特性」、創業30年の豊富な「経験と実績」「知識と情報」に基づき、根拠を示して査定致します。一括査定サイトによる「高い査定価格」に心と目を奪われがちですが、その価格、本当に売れますか?当社は、個々のお客様の状況に寄り添って、出来る限りのご提案を心がけております。

お問い合わせ
CONTACT

難しい専門用語を使わず、分かりやす言葉を選んでご納得頂けるまできちんとご説明します。
小さな不安も無くして取引に臨んでいただけるようサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。