株式会社アーキ・クリエイト

NEWS

期間限定の相続税対策!

今年10月から、ついに消費税が10%に増税されました。

本制度は消費税10%の負担を期間限定で軽減することを目的として制定されたものです。

 

具体的な条件

1.贈与を受けた年の翌年の315日までに、購入、新築、増改築等を行った物件の残金決済・引き渡しを行って、住宅を所有すること。

2.贈与を受けた年の翌年の315日までに、当住宅に居住すること。または、その後遅滞なく入居することが確実と見込まれること(翌年の年末までに入居しない場合、当制度は適用されず修正申告が必要)。

・贈与を受けた年の子の合計所得金額が2000万円以下であること

・子の年齢が贈与を受けた年の11日時点で20歳以上であること

・住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上240平米以下

・中古住宅の場合は以下3つのいずれかを満たすもの

1)マンションなど耐火建築物は築25年以内、木造などは築20年以内

2)一定の耐震基準をみたすことが建築士等によって証明された住宅

3)購入後に耐震改修工事を行い、贈与を受けた年の翌年315日までに建築士等によって一定の耐震基準に適合すると証明された住宅

2500万円まで非課税の相続時精算課税も選べます

贈与の翌年の315日までに行う贈与税の申告では、暦年課税でなく「相続時精算課税」を選ぶこともできる。これは、60歳以上の父母または祖父母からの贈与について、相続までの贈与額を相続財産に加算し、納めた贈与税を相続税で精算する制度です。相続時精算課税を選ぶと暦年課税の基礎控除は使えなくなりますが、累計の贈与額が2500万円まで贈与税がかからない特別控除額が利用でき、さらに「住宅取得等資金の非課税」も利用できます。例えば消費税8%の住宅の購入等の場合、「2500万円+最大1200万円の非課税枠」となり、贈与額3700万円まで税金がゼロになる訳です(一定基準を満たす住宅の場合)。

但し、2500万円の特別控除額分は相続財産に加算されますから、相続時には相続税で精算され事になります。また、一度相続時精算課税を選ぶと、その親からの贈与については暦年課税に戻すことができないので注意しよう。

なお、住宅の購入、新築、増改築などのために親から贈与を受ける場合、親の年齢が60歳未満でも相続時精算課税を利用できる特例があります。この特例を受けるための要件は住宅取得等資金贈与の非課税と同じものが多いですが、「住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上(上限がない)」「子の収入制限がない」など異なる点もあります。

注意事項!

適用されるためには正確な内容把握と正しい手続きが必要です。

親の相続税対策にはマイナスになる場合があります。

詳しくは、お問い合わせ下さい!

ご希望の方には資料を無料でお送りします。

『最大3110万円もらって家を建てても税ゼロ!』--- 期間限定の税制特例制度

その他、分からないことがあればお客様がご理解いただけるまでゆっくりとご説明いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください!

0120-03-6780 

お問い合わせ
CONTACT

難しい専門用語を使わず、分かりやすい言葉を選んでご納得頂けるまできちんとご説明します。
小さな不安も無くして取引に臨んでいただけるようサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。